エンジョイ!子育日記☆リツコデラックス☆

主に私の子育て体験談やネットビジネス&節約のお話。買ってよかった物の感想や口コミ、失敗談にも触れます。情報共有で日常を少しだけデラックスに。

MENU

私は「突発性難聴」治ったよ

こんにちは。こちらのブログはかなり久しぶりになってしまいました。これからちょこちょこ更新していくつもりです。

さて、今日は今世間を騒がせて?いる「突発性難聴」のお話。今まさにKinKi Kids(キンキキッズ)の堂本剛くんがかかっている病気です。

f:id:kopuccho:20170730142804j:plain

「突発性難聴」はほっとくと耳が聞こえなくなってしまうこわ~い病気。過去にも浜崎あゆみさんや相田翔子さんなど、芸能人の方にも多く発症している模様。しかも完治はしていないとか。

原因は不明とされていますが、私はストレスが原因でした。

私が中学生の頃の話です。ある日ボワーーンという音と共に左耳の聞こえが悪くなりました。左耳だけです。右耳は問題なく聞こえていました。

すぐに耳鼻科に向かい、聴力検査を受けました。結果はやはり左耳だけ低音が聞こえていないとのこと。さっそく治療となりましたが、出された薬は「ステロイド」でした。

特に安静にしろとかは言われず、数日間のステロイド投薬で一回は治りました。

しかしすぐにまた再発したのです。

再びステロイド投与の日々。ですがもう治りませんでした。そのときに医者に言われたのです、「安静にしないと治らないよ」と。

耳が聞こえないって、本当にわずらわしい。友達の話を聞き返すにも、聞こえる右耳を友達に向けて「もう一回言って」と言わなくてはなりません。

さすがに危機感を感じた私は、すぐにインターネットで治療法を調べました。

そこでたどり着いたのが「鍼治療」でした。

 

そこの先生は聴力を失っています。過去に「突発性難聴」にかかっていたのです。そこで完治することができず、補聴器との生活を余儀なくされました。

「もう誰一人自分のような不便な生活をさせたくない、突発性難聴は治るのだから」

先生は私にそう言いました。「この先生ならきっと治してくれる」、私はここに通うことを決めました。

最初の治療は耳のまわり、首などに数か所鍼を打つ程度でした。そしてだんだん耳の近くに鍼を打ち、最終的に耳に鍼を打っていく感じです。

もちろん鍼なので保険適用外。お金が吹っ飛びました。治療費がとても高かったのです。でも効果はテキメンでした。通ってわずか3回ほどで少し良くなった気がしました。回数などは先生が決めるのですが、私はだんだん良くなっていくうちに、一時通うのをやめました。家から電車で1時間もかかり、治療費も高額。さらに少し良くなったことで安心してしまったのです。

 

するとやはり完治まではいかない。「鍼を打ちに行かないと!」と焦ります。久々に来た私に先生は冷たかったです。「本当に治す気あるの?」と。

 

私はサボるのをやめました。ひっきりなしに通い詰めたのです。そうすると先生は笑顔で治療をしてくれました。そして「これはサービスね」と言って「円皮鍼」というシールの鍼を耳に貼ってくれました。

半年ほど通って完治。もう耳が聞こえなくなることはなくなりました。

 

これはきっと早いほうだと思います。治療するのが早かったからです。治療する時期が遅ければ遅いほど治りずらくなります。どうか堂本剛君にも早めに鍼治療院に行ってもらいたい。できれば私の耳を治してくれた先生に診てもらいたいものです。

新橋の「一掌堂治療院」という医院です。どうか早く良くなりますように。「突発性難聴」の治療法のお話でした。

ファロス 円皮鍼100本入り(SJ-525) - 太さ0.20mm×針長1.6mm

ファロス 円皮鍼100本入り(SJ-525) - 太さ0.20mm×針長1.6mm