エンジョイ!子育日記☆リツコデラックス☆

主に私の子育て体験談やネットビジネス&節約、美容や健康のお話。買ってよかった物の感想や口コミ、失敗談にも触れます。情報共有で日常を少しだけデラックスに。

MENU

キズパワーパッドは常備すべき

こんばんは。今日の話はタイトルそのまんまです。

皆さん知っていますか?「キズパワーパッド」

f:id:kopuccho:20170726215006j:plain

私はこれのエンドユーザーです。

傷が早く治ることで有名ですが、なぜか簡単に説明しますと

これがかさぶたの役目をしてくれるからです。

要は

傷ができて血が出る→ジュクジュクしてしばらくすると乾く→乾いたところがかさぶたになる→やがて剥がれて傷が治る

という工程の中で

・ジュクジュクしてしばらくすると乾く

・かさぶたになってやがて剥がれる

この部分が短縮されます。

傷が乾く前にキズパワーパッドを貼り、かさぶたを人工的に作ってしまうのです。

なので傷が乾いてしまったら最後、キズパワーパッドの出番はなし。

もう自分の治癒力で治すしかないのです。

おわかりですか??傷ができた瞬間に洗ってすぐに貼らないと効果がないので、時間が経って貼っても意味ないのです。

さぁ今家にキズパワーパッドをお持ちのお母さんはすぐに財布の中に入れましょう。子供が怪我をして傷を作っても、人工的なパワーですぐに傷が治りますよ。

まさにパワーパッド!!名前のネーミングも最強です。

キズパワーパッドはメリットしかありません。

なんといっても「元傷だった場所」とは全くわからないほどキレイに傷が治ります。はい、実証済みです。

しかもしみない。水につけても痛くないんです。防水の役目もしているので、お風呂のシャンプーもこわくない。水仕事もへっちゃらです。

このキズパワーパッド、元は「湿潤療法」を採用しています。

「湿潤療法」とは、傷はジュクジュクしながら治すのが好ましい、という考えから生まれました。

要は、傷は乾かすのではなく、潤いを保ちながら治した方が早くキレイに治るということなのです。

私はこれを病院に通って行ったことがあります。チャリンコ2人乗りからの転倒で大けがをして、左半身が血まみれになったのです。

傷痕が心配になった私はすぐにネットで調べ、傷には「湿潤療法」が効果的だと知り、すぐに扱っている病院に行きました。

そこでの処置は、①傷口を精製水で洗い②ワセリンを塗り③ラップを巻く、という方法でした。

まどろっこしいようですが、中身はキズパワーパッドと全く一緒なのです。

ただ範囲が広く、また傷口も深いため、市販のキズパワーパッドでは対応できませんでした。

治り始めてから、ラップから医療用のキズパワーパッドに変わったのを覚えています。結局キズパワーパッドと同じ効果が病院に通って得られたのです。

書くまでもありませんが、治った今は全く傷痕がありません。キレイさっぱり、どこを怪我したかも分からないほどです。

そんな私がついこの間、すこし深い怪我を自宅で負いました。水で洗い、マキロンなどの消毒液は一切使わず、保管していたキズパワーパッドを貼りました。

何回か貼り治しましたが、昨日剝がしたらキレイに傷は治っていました。

重要なのは、すぐ手の届くところに水とキズパワーパッドがあるかどうか。乾いたら意味ないので。

というわけで、キズパワーパッドを買ったらすぐに財布に入れましょう。よく怪我をするお子さんをお持ちのお母さんは特に!

きっと、いや絶対に役に立ちますよ。