エンジョイ!子育日記☆リツコデラックス☆

主に私の子育て体験談やネットビジネス&節約、美容や健康のお話。買ってよかった物の感想や口コミ、失敗談にも触れます。情報共有で日常を少しだけデラックスに。

MENU

夫婦でマカを飲んだら妊娠したよ~不妊の原因はあなただけじゃないかもしれない~

不妊治療、一人でやってませんか?

 

今日は特定の内容で申し訳ありませんが、私が行った不妊治療についてのお話。

今でこそにぎやかな我が家ですが、私は不妊治療を1年間続けた経験があります。

f:id:kopuccho:20170910215400j:plain

結婚すればできると思っていた子供。中々できず、自分の親を含めて夫婦で悩みました。

 

「妊娠しない原因は私にある」

疑いもなくそう思った私は、婦人科にて検査を行います。

 

私は元々月経不順で、生理は毎回2か月に1回。

ひどいときは半年こない時期もありました。

ここで卵胞の話を少し挟みますが、

 

女の人は誰でも、排卵をしてから14日(+-2日)で生理がきます。

 

ということは、私は卵を育てるのにえらく時間がかかっていることになります。

ついでに言うと、排卵後に人は「高温期」を迎えます。

この「高温期」がなければ、うまく排卵していないことになります。

高温期を迎えることなく、低温期のまま生理に突入することを無排卵月経といいます。

その可能性を含め、まず基礎体温を測ることをすすめられました。

f:id:kopuccho:20170910215140j:plain

基礎体温を測り始めて、分かったことがあります。

低温期と高温期がしっかりと二層に分かれていることが理想な基礎体温。

私の体温表はガタガタでした。一体どこに排卵日があるの?といった感じです。

さらに低温期が非常に長く、卵を育てるのに時間がかかっている状態でした。

血液検査の結果、「黄体ホルモン機能不全」ぎみ、と医者に言われました。

理想は

 

14日で卵を育て排卵し、14日後に生理がくること。

すなわち28周期が一番安定した生理周期なのです。

 

そこでです。

先生はこんなことも言いました。

 

「次、旦那さんも検査するからね」

 

??

 

詳しい説明を聞くと、どうやら採精をする様子。分かりましたと伝え、病院をあとにしました。

 

知っていますか?

世の中の男性は、不妊治療に積極的ではありません。

「自分は大丈夫に決まってる」

そう思っている方がほとんどなのです。

 

かく言ううちの主人もそうでした。

検査をしてくれるまで、3か月もかかってしまいました。

いやだいやだと拒否し続けていたのです。

今思うと、3か月間、全くの時間の無駄でした。

 

結果は大変悪いものでした。

もう、ここでは書けないくらい。

 

なんだ、私だけじゃないじゃん。

そう思ったのを覚えています。

要は男性不妊でもあったんですね、運動率に問題がありました。

 

そこで私は、一体どうしたらいいか調べて調べて調べつくしました。

 

調べた結果、

 

マカがいい

というのが分かったのです。

 

マカというと、男性が飲むサプリメントといった印象ですが、私が調べたものは違いました。

夫婦で飲む。すなわち、女の私も飲むのです。

妊娠前に必ず摂るべきの「葉酸」も一緒に揃えることができたので、私がマカと葉酸を、主人がマカを飲むことにしました。

 

3か月後…

まわりくどい言い方で申し訳ありませんが

主人の体育の成績が0点(!)から80点になったのに加えて

私の基礎体温表はキレイに低温期と高温期が分かれたグラフになっていました。

生理周期も30日に安定しました。排卵誘発剤(クロミッド)なども飲んでいないのに、です。

 

夫婦でとてもいい方向に向かいました。風は追い風、そろそろ妊娠するといいねと言っていた矢先

 

その月に妊娠しました。

 

夫婦でマカを飲んで3か月後です。

 

以来、私は妊娠を望む友人にマカをすすめるようになりました。

ある友人も、飲んで3か月後に妊娠しました。その友人も夫婦でマカを飲んでいました。

ちなみに、マカを飲んでいる間は風邪を引きませんでした。体を根本から改善してくれるサプリメントのようですね。

飲んでいたのはこれです。

トンカットアリって、すごく効きそうな名前ですよね。実際すごく効きますよ。

なんでも、子だくさんで有名な地方に生えてる植物だそう。

オーガニック&無添加なのも決めてでした。やはり毎日飲むものは安全でないとね。

葉酸もかかせないので、うちは3つセットのものでしたが、

こんなのもあります。

決して飲みやすい物ではないですし、安い物でもないですが、不妊で長く悩んでいたら一つの手かもしれません。

どうか妊活は夫婦二人で取り組んで欲しい、私はそう思います。